布ナプキンについて

 環境ホルモンという言葉をご存じですか。環境ホルモンとは、無害だと考えられてきたプラスティックなどから超微量の化学物質が生命体に入りホルモンの様な働きをすることを言います。そしてその環境ホルモンが身体に異常を引き起こすと言われています。
一般的なケミカルナプキンに使われている素材のほとんどが、いわゆる化学物質で出来ています。もちろん安全とお墨付きのものです。吸収体である高分子ポリマーも厚生労働省から安全のお墨付きが出ています。ですが・・
 人間の毛穴は40度前後になるとよく開くと言われています。毛穴が開くことは排毒にとっても大切なことですが、逆に色々なものを吸収しやすくなると言われています。そしてナプキンを当てた時、丁度毛穴の開く温度となります。そして粘膜は普通の肌より多くのものを吸収すると言われています。
経皮毒という言葉をご存知ですか?経皮毒とは皮膚から毒素、化学物質が吸収されるという意味ですが、一説によれば、二の腕の内側の皮膚から吸収される毒素を1とすると、お股の部分はその42倍!もの吸収率があると言われています。  もちろん、ケミカルナプキンが女性の体にダメージを与えるといった科学的なデータが出ているわけではありません。ですが、ケミカルナプキンから布ナプキンに換えた方々の多くが、生理痛が和らいだり、またはなくなったり、生理不順が緩和されたり、精神的に落ち着かれたりされている事実を見ると、ひょっとすると・・と考えてしまいます。
これが一番です。ムレやかぶれはもとより、先ほども申し上げた通り、布ナプキンを使うと今まで当たり前と思っていた生理前や生理中の色々な症状に変化が起こる方が大勢いらっしゃいます。「体が喜んでいる」と表現された方もいらっしゃいます。
また、洗うことにより経血の状態の変化が、すぐに解るようになります。「アレ何か変」と持った時には、早く対処ができるのです。
 生理は汚いものでしょうか。経血はゴミでしょうか。生理の日・・・イヤだなあと思われる方が多いでしょう。 でも、本当は月に一度の大切な日なのだと思います。布ナプキンを使い始めると、多くの方が少なからず生理に対する考え方に変化が起っています。生理が楽しみになってきたとおっしゃるk女性が結構いらっしゃるのです。体の変化と意識の変化により、生理が月に一度のただイヤで憂鬱な出来事から、何か別の出来事に変わるとすれば、その変化は、女性にとってとても大きな変化と言えるのではないでしょうか。
 布ナプキンはエコ商品です。使い捨てではありませんし、ケミカルナプキンと違い、燃やしてもダイオキシンなどが発生する可能性が遥かに少ないです。それにも増して、先ほども申し上げた意識(こころ)の変化により、ひいては大地や命の繋がりをより感じるようになり、より一層のエココロが生まれてくるように思うのです。

 

あるでばらんのシルク布ナプキンは排毒と活性化を考えて作っています

日本中に布ナプキンは数々ありますが、 シルクを使った布ナプキンはあまりありません。草木染めの布ナプキンも。

シルク布ナプキンの構造と作る上で心がけたこと
シルク(茜、びわ、よもぎなどの草木で染めたものと染めていない生成があります)1枚とネル綿(現在は漂白ネルと無漂白ネルの2種類があります)1枚の打ち合わせで作っています。
作る上で心がけたことは、1)体が排毒(毒出し)活性化できるものを使う。2)できるだけ自然素材で作る。3)あらゆる制作過程で、化学物質などカラダに悪影響のものは使わない。以上の3つです。
シルクとコットンを重ねて使う理由
「冷え取り健康法・靴下の重ね履き」をご存知でしょうか?冷え取りや排毒のために、シルク面が肌に当たるようにして、シルクとコットンの靴下を重ね履きする健康法のことです。シルクとコットンが右図のような重ねた状態で、肌に触れるシルクが排毒を促し、毒素を吸収し放出します。
その放出した毒素を2層目のコットンが吸収します。 次にコットンが溜めた毒素を、3層目のシルクが吸収し放出し、4層目のコットンがそれを吸収・・・
というように、シルクとコットンを重ねることにより、より効果的により多くの毒素が吸収・放出できるようになると考えられています。
あるでばらんシルク布ナプキンも同じ考えで作られていて、大判や小判のナプキンは、4重や5重に折って使います。
シルク・絹の特徴
シルクの細かな起毛が毛穴を刺激して排毒を促し、 毒素を吸収します。 シルクは吸収した毒素をため込まずに放出します。 ですから汗をかいてもサラサラなのです。
 
コットン・綿の特徴
毒素を吸収し、ため込みます。(放出はしにくいです)
ですから汗をかくとベタベタします。
使っているシルクについて
シルクはタイシルクの通常のシルク糸よりもセリシンを残した糸を使っています。それゆえにシルク自体の感触は少し堅い感じですが、サテン、ローン、羽二重、パイル地…等で試作をしました結果、排毒性を考えると一番だったのでこれに決めました。
経血を留めることより
排毒・活性化を中心に考えていますので、経血を布ナプキンで溜めるということよりも、逆に経血が通り易いように、また乾燥しやすく雑菌が留まらないように、厚さも薄くしています。(経血のキープには、別売の未サラシネルだけで作ったタイプのナプキンがありますので、それと併用して下さい。)
使い方の例はこちらをご覧下さい。
無地の布を使う理由
化学物質をできるだけ使わないことと、コットン側を直接肌に着けられるように、また、経血の色・量・匂い等毎月チェックしやすいようにという理由から、プリント柄の布は使っていません。それによって自分のカラダの変化もいち早く感じていただけるのではないかと思います。
まずシルクは糸から布にるす段階での糊や汚れを落とす為に、精練といって薄い石けん水を鍋に用意し、熱を加えて20分間煮た後、地下水にて何度も水を換えながら水洗いし干します。
ネル生地は鍋にたっぷりの水を用意し、熱を加えて湯通しを行っています。すべての工程の中で使用する水は、塩素などが入った水道水は使わず、アルカリイオン水や井戸水、ナノバブル化された地下水を使用しています。

ですから・・
シルクもネルも縫製前に一度はしっかり精錬・湯通しをして、その後しっかり水洗いしていますので、洗濯による布の縮みがありません。またこの過程を経ることで、コットン自体が持つ油脂・布を織る際に使われる糊成分・サラシに使われた成分・布の汚れも残っていません。お買上後すぐにお使いにることも可能です。

工程・・・染めと縫製
染めに使う茜、びわ、よもぎ、ざくろは、古来から女性に有効な薬草として使われてきました。たとえば茜は、浄血、造血、保温作用があり昔から腰巻きを染める材料として使われていました。
草木を染めシルクは干した後、茜の染料を煮出した染液、デリケートな部分に直接当てていただくものですから、茜の薬効が強すぎないようにと、5番液以降の染液を使って2回以上重ね染めをしています。媒染剤(色の定着)はノンケミカルな広葉樹の木灰の灰汁の上澄み液を使用しています。染めた後も何度も水を換えながら水洗いして干します。その後アイロン、裁断し縫製します。生成シルク(染めていない)の場合には精錬後アイロンをかけ、布目を整えてから裁断し縫製します。
金属アレルギーを考えて
ホルダーのスナップは金属アレルギーをおこさないようにプラスチックを使い手縫いしております。
シルクが少しゴワゴワするというお声を聞きます
先ほど申し上げましたように、排毒性を考えると一番だったのでこれに決めましたが、とても気持ちが良いというお声もいただきますが、少しゴワつくというお声もいただきます。
ゴワゴワするとお感じの場合は、ご使用前に少しシルクを揉んでいただくと堅い感じが和らぎます。
それでも気になるお方は、排毒の事を考えるとシルク面を肌に当てて頂きたいのですが、排毒の作用は少し落ちますが、ネル面を当ててお使いください。
モレの心配、防水性について
シルク布ナプキンは防水性はありません。別売のアンダーホルダーと共にお使いください。薄型のケミナプキンを一番下に使うこともいいと思いますが、直接ケミカルナプキンがお肌に触れないように使用して下さい。
ホルダー・・・単体でおりものシートとして、尿洩れパッドとして、また大判や小判のショーツのカバーホルダーとしてお使いください。
大  判・・・経血量が多いとき、夜お休みのとき、4重・5重に、または扇状に折ってお使いください。
小  判・・・経血量が少ないときにお使いください。経血量が多いときは2枚重ねてお使いください。
経血留めとして別売のネル布ナプキンを、モレ留めとしてアンダーホルダーを、併用してください。
染めた茜色がすぐに色が抜けてしまうというお声を聞きます
申し訳ありませんが、そういう場合もございます。その場合は茜をお肌が吸い込んだのだとお考え下さい。
続けてお使いいただきますと段々に抜けが治まってまいりますので、是非ともお続け下さい。

シルクのナプキンは、自然からのすてきな贈り物。 色が落ちたり、布が朽ちたら、 それはシルクが毒を吸い取ってくれた証です。